赤ん坊と返り咲き?したわたしの母性

今日は友達の赤子んを見に行きました!
学生時代のそばが、もう母親になり、赤子をあやしてるゾーンを見ると、なんとなく驚き…!
本人は未だに結婚式すら遠い地位なので尚更だ 笑
久しぶりに身近に赤子が生まれてだっこさせてもらったのですが、
案の定赤子って狭いだねえ。だっこするのが怖かっただ。
首も座っていない生まれたての赤子だったので、何をやるにもおそるおそるでした。
今までいまいち母性と言うか、赤子は可愛いとは思うけれど徹頭徹尾遠い世界の素材のように感じていたのですが、
最近では結婚式や分娩を始める同士は増えたからか、何やらよりより好ましく捉え、また自分でも赤子がほしいなあ、と思うようになってしまいました 笑
これが母性なんでしょうか?笑
赤子のちっちゃなコツや爪を見ると、私たちをおんなじ形をしているのに、それが実に小さくて思わず不思議な心境になりました。
分娩のときのコメントなんかも思う存分聞かせてもらったけれど、次回自分にもそんなときが訪れるのかなー、とは随分思えずせっぱ詰まる片方だ 笑車査定表