一日の序文

朝瞳が覚めますと、私の状態、どうも起きることが出来ないのです。ボディがだるくて、普通の移せる状態になるまで、気持ちよく見積もってみましても、最悪1時刻くらいは、かかってしまいます。心臓がどきどき、ボディはだるく、これらの不完全な段階が落ち着くまで、ダメをせず、寝転んです対応で、そのまましっかりしています。そして、首筋などを徐々に、ゆっくりと伸ばし始めていきます。二度と無理に力を与えたりはしないのです。そして、それとなく、首筋が伸ばせたなと願いましたら、次には、脳裏との境目を、これまた、ゆっくりと伸ばしていきます。コキコキっと言う音が鳴るのを確認しながら、何度も繰り返して、こういう仕事を行います。世間で言う所の、ストレッチングなどというものではありません。ボーっとした状態で行なう訳ですから、それは二度と、超手遅れの行動だ。このような事をしておりますと、だんだんボディが覚醒してきまして、やっと始まる一年中の下確立が揃う訳です。マイナチュレ