ゆるさがコンビニエンスの私の文章

文言を読むことは昔は概ねしなくて、本格的に読み始めたのは高校生になってからだ。通学で約20食い分程度のスパン、鉄道による際に読書はと付き合うようになった。
文言をよむと面白かったり内心にあるインタビューにはラベルなんてつけておいて後でノートに書きためていたものだ。インタビュー自体がまるっきりピックアップのようになって眺めているだけで心地よくなったのを覚えている。
そんなにそうして、インタビューを書いて相当ながら給与を頂くことにいそしみ始めて掛かる昨今では、自分の得意とする働き手は何?という自問自答講じる常々。そこが断固すればこういうインタビューを書き込める状態があるかどうにか審査すれば良しのだから。
そこで自分の働き手をもう一度本人分析してみると「おもしろ真っ直ぐ」という意欲にぶつかるのである。そんなに、自身はただのくそフェアではなく、可笑しいが好きなのだ!
これを今日から自分の囮としてちょっぴり真っ直ぐで喜ばしいインタビューを引っ張るようにし、書き込めるような機会を探そうと心に決めた。ピーシー マックス